転職のことならご相談ください

種類

出版系の求人では、編集者の求人が多いですが、編集者には様々な種類があります。雑誌、小説、漫画、書籍などが主な種類になります。媒体が変われば、編集者の仕事も変わります。

詳細を確認する

勤務時間

求人を探す時は、仕事内容や給料だけではなく、勤務時間や休日なども気になる部分です。出版の編集者は、決められた勤務時間はあるのですが、泊まりがけなどもあるので、不規則なことがほとんどです。

詳細を確認する

ライターになる

出版の求人として、ライターが応募されていることもありますが、基本的にライターは誰でもなることができます。しかし、仕事の依頼が来るようなライターになるには簡単では無いのです。

詳細を確認する

様々なタイプ

出版社は本だけではなく、雑誌を販売していることも多いです。雑誌では、文章だけではなく写真を使うことがほとんどです。その写真を撮影するのが、カメラマンです。カメラマンの求人も様々あります。

詳細を確認する

気になる需要

カメラマンというと、好きな写真を撮影する、というイメージがありますが、近年需要が高まってきているのは、出版社などで使用される商業写真です。スキルがあれば、求人応募したら、すぐに採用されます。

詳細を確認する

スキルアップ

今の生活を変えたいから、キャリアアップしたいから、収入を上げたいから、などの理由で転職をする人は多いです。
転職に成功することができれば、生活も大きく変えることができ、キャリアアップにも繋がります。
しかし、生活を変えたり、仕事を変えたりするというのは、不安が伴うものでもあります。
また、100パーセント成功するという転職は無いので、注意点を踏まえた上で転職活動する必要があります。

転職の一番のメリットは、待遇を改善することができたり、環境を変えることができたり、自分の活躍の機会を広げたすることができるなどです。
このようなメリットのために、転職する人は多いですが、今の退職に迷いがある場合は、転職は止めた方が良いです。
その理由は、転職という大きな決断は、後悔や迷いというのは必ずついてくるものです。
明確な目的や目標がある場合は、転職した方が良いですが、それが無い場合は、転職しない方がモチベーションを下げずに仕事を続けることができます。

自分のやりたいことが、今の仕事が原因でできない状態、今の仕事では生活が危なくなる、セクハラがあるなどの状況は、転職した方が良いです。
このような状況の場合は、転職をした方が、大きなメリットを得られます。
対して、やりたいことが決まっていない、努力不足、転職をして待遇が明らかに下がる場合、などの時は転職をしない方が良いです。
このような状況の時は、転職をした場合でも、不満が続く可能性があるのです。
どんな状況でも転職した方が良いということではなく、タイミングや状況を考えて転職することが、転職を成功させる1つのポイントです。

Copyright© 2015 自分のスキルアップを目指すために最適な仕事を探そう All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com